スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セルフセラピーカードからのメッセージ#11
セルフセラピーカードからのメッセージ11枚目です。
「2番:復讐」が出ました。



card2



寒々しい空の下、
湖の氷の上には青い服を着た女性が立っています。
その足元の氷は今にも割れてしまいそうなくらいにひびが入っています。
岸辺には赤い服の女性が「やめて!」と叫んでいるかのようです。


被害者のカード群に属し、
自分の責任において起こる出来事すらも、
環境や状況、他人のせいで自分は被害を被ったと感じる
被害者意識について教えてくれるカードです。


テキストには次のように説明されています。
「自分自身が“悪である“と思い込んでいることから人を攻撃すること。
 自分を被害者にすることで復讐をとげることが多い」


「復讐」ちょっと怖い言葉ですよね。
そんなことしたことないし、考えたこともない!と感じる人は多いと思います。
私もそうでした。


復讐とは心の奥底に隠れていて、
しかも直接手を下すという類のものではなく、
「あなたが苦しむなら、あえて私を傷つけてみせるわ!」というものなんです。


病気や事故など自分にはどうしようもないように思えることも、
もしかしたら誰かに対する復讐かもしれないのです。

たとえば行きたくないキャンプに無理やり連れていかれて、
キャンプ中に怪我をしたり、
やりたくない仕事を押し付けられて、
結果、その仕事を失敗してしまうとか・・・。


氷の上の女性の叫びとしては
「こんなことになったのは、あなたのせいよ!」でしょうね。


    ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

今、苦しんでいることがあるのなら、
それは誰かに復讐するために
自分を傷つけているのかもしれません。

私は誰に復讐しているのか?
いつまで復讐し続けるのか?

静かに考えてみてください。


復讐はうまくはいきません。
苦しみから解放され、前進することを望むなら、
相手を許し、執着を手放しましょう。






あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。



≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫


スポンサーサイト
セルフセラピーカードからのメッセージ#10
セルフセラピーカードからのメッセージ10枚目です。
「44番:ビジョン」です。


card44




快晴の空の下、岩礁がたくさんある海を、
ハイヤーマインドの導きによって
モーター付きのボートが島を目指して進んでいる絵です。



恩恵のカード群の一枚で、
目に見えない存在からの恩恵を表しています。


テキストには次のように説明されています。

「ひらめきの連続。創造性のおもむくままに任せること。
 自分自身を全面的に与えること。ポジティブな未来が現在を方向付けること」



このカードは私の大好きなカードの1枚でもあります。
絵を見るだけで爽快な気分にしてくれて、
「よし!やるぞ!」と前進するパワーを与えてくれるカードです。



ビジョンという言葉は、
企業などでは将来の展望や構想などについて使われますね。

もちろん、個人でもビジョンはあります。
将来、どうなりたいのか、理想と近い言葉で使われることもあります。


例えばみなさんがどこかへ旅行に行こうとしたとします。
どこに行くかをまずは決めない限り、
旅行って出かけられないと思いませんか?

中には目的地を決めずにぶらり旅を楽しむ人もいるでしょうが、
ほとんどの人は自分が望まないところには行きたがりませんよね。

目的地を決めずに出かけて、
もしかしたら人里離れた山奥で野宿しなくてはならないかもしれませんし、
交通機関がなくて足止めされるかもしれません。

それよりは目的地が明確であれば、
何時にはどこに着いて、何を観て、どこのお店で名物を食べて・・・
という楽しい計画が立てられます。


ビジョンとは人生の目的地のようなものです。
あなたの望むポジティブな未来なのです。
その在りかが明確であれば、
どうやったらたどりつけるかもおのずと答えが出ます。





     ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

あなたはどこへ行きたいですか?
今、うまくいかないことはビジョンが解決してくれます。
迷わずあなたのビジョンへと向かってください。





あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。




≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫




セルフセラピーカードからのメッセージ#9
セルフセラピーカードからのメッセージ9枚目は
「10番:ハートブレイク」です。


card10




暗い雲が立ち込める空の下、
男性と女性がハートを取り合い、
ハートが真っ二つに割れてしまった瞬間が描かれています。


人間関係のカード群で、
人間関係で陥りやすいワナについて教えてくれます。


テキストにはこのように説明されています。
「拒絶(受け入れようとしない)、かんしゃく、感情的な脅迫」

「ハートブレイク = 傷心、失恋」なのになぜ、
拒絶やかんしゃくや脅迫という言葉が出てくるのでしょう?


私たちは自分の心が傷つけられた!と感じるときは、
大抵、誰かに対して「何かをして欲しい」という期待があります。

その期待が裏切られるから、落胆し、かんしゃくを起すわけですが、
根本には「相手は自分の思った通りのことをしてくれないものだ」という現実を
受け入れず、拒絶しているから傷つくのです。


チャック・スペザーノ博士の著作に
「傷つくならば、それは愛ではない」という本があります。

かなりショッキングなタイトルですが、
そこにハートブレイクの本質が描かれています。





真実の愛からの行動であれば、
どんな状況であれ傷つくことはないのです。
傷つくということは、愛ではなく欲求なのです。




   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞


最近、傷ついたことは何でしょう?
今、気になることはありますか?

なかなかパートナーと長続きしないのは、
相手が自分の思い通りにならないという現実を拒絶しているからです。

拒絶していることを認め、現実を受け入れ、許すことで、
あなたはハートブレイクから自由になれます。

今すぐ自由を選択しましょう。






あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。







≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫



セルフセラピーカードからのメッセージ#8
セルフセラピーカードからのメッセージ8枚目は
「27番:手放す」です。


card27 




地面に大きな穴があいていて、
そこからハシゴを登ってきたと思われる女性が、
男性に手を差しのべられて地上に降り立つと同時に、
右手につかんでいた男性の写真から手を放す瞬間が描かれています。


ヒーリングのカード群の一枚で、
癒しの原則や問題解決のヒントを教えてくれます。


テキストには次のように説明されています。

「執着を『手放す』こと。過去の喪失や欲求を『手放す』こと。
 現在の視点を取り戻すこと。次のステップへ向けて積極的に心を開く」

カードのイラストを見ていただくと、
こんなストーリーが浮かびませんか?


女性は失恋した男性が忘れられず、
別れた男性の写真を抱えて悲しくてずーっと穴の中にいました。


でも淋しくなって外に出たくなりました。
外に出るためには長いハシゴを登らなくてはなりません。

彼女はハシゴを登ります。
写真を片手で抱えながら。


片手が不自由な状態で長いハシゴを登ることは、
とても難しく危ないことで、無事に登り切るには時間もかかります。

彼女は苦労をしながら登りますが、
片手ではやはりうまくいきません。

そこで写真を手放します。
その瞬間、深い穴で遠いと思っていた出口はすぐそこにあり、
地上に顔を出したところに手が差し伸べられます。

新しい出会いの始まりです。



彼女は過去に終わってしまったはずの男性に執着したことで、
過去にとどまったまま、全く前進していませんでした。
ところが執着を手放した瞬間に、新しい出会いが手に入ったのです。


人も感情もエネルギーです。

エネルギーは流れる性質があり、滞ることを嫌います。
滞ったエネルギーはやがて腐敗して、さまざまな障害を起こし始めます。

そして手にいっぱいそんなエネルギーを掴んだままでは、
新しいことを望んだとしても手が空いていないので
手に入らないのは当たり前なのです。

パートナーが欲しいと願いながら、
なかなか出会いがないと言っている人は、
過去の失恋を引きずっていることが多いものです。



   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

うまくいかないことがあるならば、
それは執着があるからです。

あなたの中で終わっていない過去の出来事や
「こうあるべき」「こうなるはず」という観念かもしれません。

今を変えたいと思うなら、 執着を手放しましょう。
何かを失うことはありません。
手放したエネルギーはあるべきところに還ります。

そして新しいものを掴んでください。

 

 

 

あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。



≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫

セルフセラピーカードからのメッセージ#7
セルフセラピーカードからのメッセージ7枚目です。
「18番:個人の神話」が出ました。


card18



中央には王子様かヒーローと思わしき男性と、
ヒロインが手を取り合っています。
背景には大きな絵本が広げてあり、
その白いページにはヒーローの影が頭を抱えています。


無意識のカード群に属し、
無意識のレベルで陥りやすいワナについて教えてくれます。


テキストには次のように説明されています。

「その人の人生に存在するストーリー。
 通常自分についてのネガティブな観念を埋め合わそうとする補償行為」


前文の「その人の人生に存在するストーリー」までで考えると、
人にはそれぞれ物語があって、それが何でワナなの?と思うかもしれませんね。

そして「自分についてのネガティブな観念を埋め合わそうとする補償行為」
なんだかわからなくなりますね;;


まず、「ストーリー」ですが、
何らかの重要なストーリーが自分の中に流れているのです。
それは神話やおとぎ話、歴史上の人物や漫画やドラマの主人公のように、
強くて勇気があって、なんでもできるヒーローの物語なのです。

主人公!響きがいいですよね。

でも、そのストーリーは自分に対するネガティブな観念、
たとえば「だめな人間だ」「愛されない」「勇気がない」「弱い」と思い込んでいる自分を
ポジティブなストーリーで偽り、ごまかし、それが周囲にばれないようにする行為なのです。

そのストーリーは過去のトラウマと関係があることが多く、
二度と傷つきたくないという思いからの防衛反応として、
ヒーローを作り上げてしまいます。



私は小学生の頃、2~3年間イジメを受けました。
暴力を受けることはありませんでしたが、
仲間に入れてもらえなかったり、外見に対する中傷が多かったりしたためか、
「一人でも強い」「容姿端麗」にすごく憧れがありました。

中学生になってある漫画を友人が貸してくれました。
その主人公は見た目が男かと思うような長身で、容姿端麗、
頭脳明晰、クールな一匹狼の殺し屋、という女性でした。

まさに私の理想がそこにあったのです。


それからの私は何があっても動じないクールさを気取り、
女の子っぽいかわいいものを嫌い、
男に間違われるほど女性性を排除していました。


二十代半ばでやっとスカートは着るようにはなりましたが、
クールで頭のいいと思っている私は、
「所詮男なんて」と心の中では男性を馬鹿にしていますから、
恋愛も長続きしませんでした。


偽りの人生ですから、うまくいかなくて当然です。




   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞


あなたの中で作り上げられたストーリーは何でしょう?
無意識のことなので考えてもわからないかもしれません。

でも、今、このタイミングでこのカードが気になるとしたら、
あなたの中にストーリーがあり、
今はそれが邪魔しているということです。

ふっと思いついたお話はありませんか?

それがあなたの中で重要なストーリーとなっています。
その偽りの舞台を降りて、
真実のあなたとして人生を生きることを求められているのです。





あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。



≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫

セルフセラピーカードからのメッセージ#6
セルフセラピーカードからのメッセージ6枚目は
「37番:セクシャリティ」です。



card37


浜辺で裸の男女が向かい合い、
走り寄っているようなイラストです。


ギフトのカード群で、
私たちが、与えられているけれども忘れがちな
才能や贈り物について教えてくれます。


テキストには次のように書かれています。

「新たなレベルの生命力、自然さ、愛、コミュニケーションとつながり」


なかなか口に出すにはちょっと勇気のいる話題なんですが、
パートナーとの結びつき、つまりはセックスのことです。

カードの生みの親であるチャック・スペザーノ博士は
「セックスは神様からの贈り物」という本を出すくらい、
パートナーとの真の結びつきを重要と考えています。
(「性交=成功」というギャグを飛ばすらしいですが;;)

健全な愛の表現、男女のコミュニケーションであり、
イラストの男女のように何も飾らない、駆け引きもない、
お互いをありのまま受け入れ、魂から繋がる喜びを表しています。

「相手がいない人には関係がないカードなの?」

そんなことはありません。
あなたの中にある「セクシャリティ」を受容し、承認することで、
新たな魅力が生まれることも意味しています。

自分自身と結びつき、そしてパートナーとのつながりが得られるのです。
パートナーがいない人はあなたの心を開くこと、開かれていることを意味します。

「セクシャリティ」でピンとこない方は、
あなたの中にある男性性や女性性といったもに置き換えてもいいかもしれません。

性的特性として性別という意味での男性、女性ということもありますが、
人は男性性、女性性どちらも持ち合わせているものです。

そのバランスや深みが人を魅力的にさせるのでしょう。



   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

パートナーがいる人も、いない人も、
新たなレベルでのあなたの豊かさや自然さ、つながりを表しています。

あなたらしさ、あなたらしい愛の表現、
パートナーとの新たな結びつきについて、
ありのまま感じてみてください。

それが癒しにつながります。




あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。


セルフセラピーカードからのメッセージ#5
セルフセラピーカードからのメッセージ5枚目です。
「6番:観念」



card6



平原に佇む男女がいます。
それぞれ違う風景に見えるガラスケースに入って、
男性は冬の荒野に、女性は花咲く春の野原を見つめています。
同じ風景が見えるはずの場所に一緒にいながら・・・。


被害者のカード群に属し、
自分の責任において起こる出来事すらも、
環境や状況、他人のせいで自分は被害を被ったと感じる
被害者意識について教えてくれるカードです。


テキストには次のように表現されています。

「過去からの固定した考え方であり、
 自分の世界を形作り、行動に影響を与えるもの」


観念とは簡単に表現すると「思い込み」や「色眼鏡」のこと。
過去に経験した出来事から、
自分や人、物事などに対してレッテルを貼ってしまい、
それによって行動や感情が制限されてしまいます。

貼ってしまったレッテルはなかなか変わりません。
なんせ「ありのまま」を見ずに「レッテル」を見てしまうんですから。

物事に良いも悪いもないのですが(ルールから見ると良い悪いはありますが・・)、
「観念」から感情が呼び起こされ反射的に良い悪いと感じるのです。


  ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

もし、今、自分の周りで嫌なことばかり起こると感じているなら、
今までの古い観念を手放して、
新しい見方を選択してみませんか?

テキストでは
「ネガティブな観念を手放して、ポジティブな観念を選択するたびに、
 新しいレベルでのポジティブな解放感と成功が訪れることでしょう」
と書かれています。


私はネガティブ、ポジティブという言い方があまり好みではないので、
ちょっと表現を変えますね。

物事の意味づけをする前に、
出来事そのものを見てみませんか?
いろんな角度からそれを観察することで、
物事の本質、真実が見えてきます。

そうすると、誰かが自分と意見が違ったとしても対立することはありません。
お互いの違いやユニークさを認め合えたなら、
この世に争いごとはなくなるのです。

それが古い観念からの解放であり、
新たな選択となるでしょう。




あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。




セルフセラピーカードからのメッセージ#4
セルフセラピーカードからのメッセージ4枚目。
「41番:清らかさ」です。


card41


白い服を着た人が、
鳥かごの中の男女を外に出してあげています。
その背後では楽しげに走りながら凧揚げをしいている人が描かれています。


恩恵のカード群で
ハイアーマインド、天使や神様、ご先祖様など
目に見えない存在たちからの恩恵について教えてくれます。


テキストには次のように書かれています。

「あなたや他の人たちの霊性や完全さを認識することと、それによる癒し」

「清らかさ」というと絵の印象からはピンとこないかもしれませんね。
英語では「innocence」なので「無邪気さ、純粋無垢」と言ったほうが
わかりやすいでしょう。


自分の無邪気で純粋な部分を認識すると、
それを他人の中にも見出せるようになります。
無邪気さで自分を自由にできる人は、
他人に対しても自由を与えることができるのです。


私の友人が、あるお寺の庭園に行った時のことです。
彼女は庭園が静かで美しく、本当に素晴らしい場所だと感じました。

そのお寺を出る時に住職様からこのように声をかけられました。

「この庭園を美しいと感じるということは、
 あなたにもその美しさがあるということですよ」


たとえば同じ風景を見ても、
退屈でつまらないと感じる人もいるでしょうし、
平和で心地よいと感じる人もいるでしょう。

人間は自分の中にあるものしか理解できません。
自分の中にないものは感じることがないのです。
素晴らしいことも、嫌悪感も、
自分の中にあるからこそ感じることです。





   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

純粋さや清らかさによって、
自分を解放することが求められています。
その恩恵はすでにやってきています。

どんなトラブルがあったとしても、
お互いの完全さを認め合い、尊重することで、
本当の自由が訪れます。

自らの手で鳥かごを開けましょう。


あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。

太極拳初体験
本日は午後から太極拳の体験講座にいってまいりました。

自慢じゃないですが、
私、本当に運動しません!

走るのキライ、ジムも行ったことがありません。
合気道には興味がありましたが、未だやったことがなく、
もうじき36歳を迎えるアラフォーです。


そんな私が普段使わない神経とか筋肉とかを動かしたためか、
終了後からとにかく眠くて、
夕方帰宅直後にバタン、きゅ~・・・。

やっと3時間前に起き上がり夕食を食べました;;


ゆったりとした動きで優雅に踊っているかのような太極拳。
当たり前なんですが、武術です。
(私の中で武術という認識がありませんでした;;;)


最初に身体の「気」の流れを良くするために、
準備運動のようなものをします。
ただの準備運動ではないので、
気の流れを意識しながら行います。
「指先から勢いよく気が出ていることをイメージして」というふうに指導されるので、
あっという間に血流も良くなり、身体が温かくなりました。


身体がほぐれた後は、
型を練習します。
先ほどの準備運動でも行った動きを基に、
型をやってみます。

短くて簡単そうなのですが、
鏡の前で先生の動きを追うのに精一杯で、
とてもぎこちない;;;

先生の動きはとー・・・っても美しいのに、この違いは何なんだっ!(←心の叫び)


何度かやりますが、
頭で理解しようとしているので余計に動きがおかしくなるんですね。

考えることを手放して身体が動くままにまかせると、
意外と正しい動きになったりして、
なんだか不思議な体験でした。


最後に99ある型を15分ぐらいで一通りやってみるのですが、
本来は30分かかるそうです。
15分でもかなりゆっくりとした動きだと思うのに、
さらにゆっくり!

途中で足がつっちゃうかも;;;


そして、護身術も教わりました。
胸倉を掴まれた時と、腕を掴まれた時のはずし方!

誰でもそうだと思うのですが、
襲われたりびっくりしたりすると身体に力が入ります。
でも力が入ると身体がうまく機能しないので、
とにかく力を入れないことがポイント。

腕力がなくても、
簡単につかまれた腕が外れ、相手がすっ飛びます。

これはすごい!


でも、万が一の時に力を入れないだなんて、
普通は無理だと思うんですよ。
だからこそ普段からの練習が万が一に力を発揮するんでしょうね。


先生、ニッコリと「自宅で練習してくださいね」
って、主人に技かけろってことですか;;

今、腰痛なので型の練習だけすることにします。



教室は半分が女性でしたし、
先生の奥様も指導してくださいますので、
女性でも安心!

先生も柔和な方なので、
どなられることはまずありません。
丁寧に教えていただけます。

外見も内面も強く美しくなりたい方にはおススメの講座ですね。



太極拳・合気道教室


坂本先生、ありがとうございました。

セルフセラピーカードからのメッセージ#3
セルフセラピーカードからのメッセージ3枚目は
「22番:無価値感」です。


card22



男性と女性が会話をしている間に、
小さい人が人の影を一生懸命に磨いています。
胸にはポッカリと大きな穴が開いた状態で・・・。


無意識のカード群で、
無意識で陥りやすいワナについて教えてくれるカードです。


テキストにはこう書かれています。


「自分には価値がないという気持ち。罪悪感と関連している。
 補償行為をして、この感情を感じないようにすることが多い」


私は価値がない人間だ・・・
そんなふうに誰だって思いたくないですよね。
だからこそそれを払拭したくて、
自分の価値を認めてほしくて一生懸命に働きます。

ところが自分の価値を証明するための補償行為なので、
何の見返りも受け取れません。
重労働のストレスが増すばかりです。



前回に続き、私の昔話です。

そのころの私は、望んだ仕事に自ら飛び込み、
自信もあってやる気が満ちていたのですが、
直属の上司からは否定的な言葉や指摘ばかりで、
とても落ち込みました。

完全に委縮しきって、
上司の視線が怖かったことを覚えています。

間違いを指摘されるたび「また失敗をした!!どうしたらいいんだろう」と
心臓をバクバクさせながら狼狽していました。
仕事には行きたくないと感じながらも、
行かないことには上司に認められませんから、
重たい心と足を引きずり通勤していました。


そんなときです。
セルフセラピーカードと出会ったのは。

仕事をテーマにしてカードを引くと、
決まって「無価値感」が現れました。
大きな穴のあいた小さな人が、
自分と重なってとても悲しかったことを思い出します。


そしてこのカードは教えてくれました。
「誰かに認められたいなら、
 まずは自分がその価値を認めなさい」ということを。



    ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞


仕事以外、何もできなくなっていませんか?
誰か認めてくれ!って心は叫んでいませんか?

今、望ましくない状況にいるのであれば、
その原因は「無価値感」です。

あなたの価値はあなただけのものです。
誰かに認めてもらう必要はありません。

この世の出来事はすべて必然だとするならば、
今の状況はあなたが自分の価値に気付くための学びの場なのです。

ワナの下にギフトは隠されています。
どんなにつらい状況でも自分でふさいでしまわない限り、
必ず出口はあるものですよ。

さあ、扉をあけましょう!



あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。

セルフセラピーカードからのメッセージ#2
セルフセラピーカードからのメッセージの2枚目。
「30番:真実」が出ました。



card30



真直ぐに伸びる一本道に、
役割も仮面も脱ぎ捨てて
手を取り合って歩む男女が描かれています。


ヒーリングのカード群で、
癒しの原則や問題解決のヒントを教えてくれるカードです。


テキストには次のように表現されています。

「自由や、簡単さ、コミットメント、つながり、喜びへと導く原則」


「真実」という言葉の重みに比べると、
「自由や簡単さ」だなんて、
なんだか軽い感じがしますね。

私達は職場やサークル、家庭などで、
様々な役割を演じています。

それは時には自分を偽ることでもあります。
本心ではこう思うけれども、自分の立場では言うに言えない・・・など。
「真実」に目を向けることはとても大事なことだとわかっていても、
とても残酷で辛いことでもあるので避けたいときもあるでしょう。

それでもこのカードは「真実」に目を向けるように促します。
あなたにとっての「真実」とは何か、問いかけ続けます。


セルフセラピーカードは同じテーマで引くときに、
課題がクリアにされていないと何度も同じカードが出ることがあります。

私が過去に何度も「真実」を引いたときのことをお話しましょう。

そのころはプライドが高く、
かっこつけて実力がないのに何でもできると思い込み、
そして自分より目上の方やパートナーに対しては
相手が望む答えをいつも答えようとしていました。
要は優等生でいたかったんですね。

ところがやることなすこと空回りでうまくいきません。
自分を偽って生きているから当たり前です。
そして自分が何をしたいのか、
どうしたいのかを考えさせられる出来事ばかり起こります。

偽ってばかりの自分を再確認する「真実」を見つめる作業は、
とても辛いものでした。
しかし、それが今の喜びにつながったと確信しています。


あなたにとっての「真実」も感情的に嫌なものかもしれません。
しかし、本当に大事なものと、そうではない偽りのものが明確になることで、
いろんなことから自由になれるのです。


       ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞


自分さえも騙して生きていませんか?
それは「真実」ですか?

あなたが「真実」を選択することによって、
自由が訪れるでしょう。



あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。


セルフセラピーカードからのメッセージ#1
セルフセラピーカードからのメッセージの1枚目。
最初の1枚は「11番:犠牲」が出ました。


11



どんより覆いかぶさるような雲の下では、
崖の間を女性が橋となって横たわり、
その上を男性が渡っている図が描かれていますが、
男性が女性を犠牲にしているという意味でありませんよ。

人間関係のカード群の1枚で、
人間関係で陥りやすいワナについ教えてくれるカードです。


テキストではカードの意味について次のように表現されています。

「罪を償うための補償行為、与えるけれども受け取らない、
 隠れた競争心、親密感を感じる怖れ」


人のために一生懸命働いて与えてばかりで受け取らない。
だから消耗してしまう。

いい人、頑張っている人に見えますが、
実はそれは「補償行為」。

過去に立ち直っていない喪失感や罪悪感から、
人を救う行為に逃げてそれを感じないようにしているんですね。


さて、私が今日「犠牲」を引いたということは、
私の中にも犠牲を払っていることがあるということ。



ちょっと「犠牲」について考えてみました。

そこで思い浮かんだことは自分の仕事と家庭のことでした。
家庭があるから仕事はこの程度で・・・と、
自分の天職に志しているように見せて、
家庭があることを言い訳に前進することを拒絶していたのです。

本当の天職であるならば、
すべて思い悩むこともなく、必要なことが集まり、必要なことが起こる。
なのに望む状態にいないのは成功への恐れもありますが、
根本に「犠牲」があったと気付きました。



   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

「大丈夫です」「平気ですから」が口癖になっていませんか?

自分は「犠牲」になっていないと決めつけず、
「受け取っていない分野は何だろう」と考えてみましょう。


そして、「受け取ること」についても考えてみましょう。
そこにギフトは必ずあります。


あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。


セルフセラピーカードからのメッセージ#0 連載始めます。
インスピレーションが降りてきたので書き始めることにしました。

毎回、セルフセラピーカードを1枚ピックアップして、
そのカードが象徴することや、
それから引き出されたことなどを書きます。

ほかに使い方や解釈など、
文章で伝えられる範囲で続けたいと思います。

出会うものはすべて偶然ではなく必然だと考えるなら、
その時読んでくださったあなたにも必要なメッセージになるはずです。

カードを知りたい、学びたい方だけでなく、
カードを持っていない方にもギフトになると嬉しいです。




この場を与えられたことに感謝します。

星の配置:楽しいことを選択しよう!
最近、ネットやテレビの星座占いは見ないようにしています。
ラッキーだとかアンラッキーだとか、どう感じるかは私次第なのに、
事が起こる前に人の感情まで勝手に決めないでくれ!と思うから。

ただ、J-WAVEのSTARMANのコーナーでは各星座の運勢というより、
星の配置から象徴される話をしてくれるので、
できるだけ聞いています。

今日は金星と木星が60度の吉兆角を作る日。
楽しいことがいろいろありそう!
そして楽しいことがさらに幸運を呼ぶそうです。

残業よりも食事の誘いなど、
楽しいほうへ楽しいほうへと心が喜ぶほうへと流れる・・・


・・・って、バシャールはいつでもそうしよう!と言ってますよね。


今日はさらにそれが強調される日なんだとしたら、
その楽しさ、ワクワク感をいつでも感じられるように、
魂の喜ぶ方向を選択し続けることが、
私たちの夢を叶えることにつながっていく。




ということで、今日だけでなくいつだって、
ワクワクを選択しよう!




STARMANはこちらから聞けます。
http://pod.j-wave.co.jp/blog/boomtown/index.xml
Copyright © ライフナビゲーターのロハス&コミュニケーションブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。