スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セルフセラピーカードからのメッセージ#13
セルフセラピーカードからのメッセージ13枚目です。

「13番:執着」が出ました。


card13




窓も扉もない暗い部屋で

一人写真のようなものを抱えて座っています。

側には電話が置いてありますが、

その電話線は切れているようです。




人間関係のカード群で

人間関係で陥りやすい罠について教えてくれます。




テキストには次のように書かれています。



「過去の欲求に執着すること、

 前進することへの怖れ。」




「過去の欲求」とは簡単に言うと

「私はこうして欲しかったのにしてくれなかった」ということです。



過去に起きた出来事にもかかわらず、

今でもそれを忘れられず執着している状態であり、

その果たされなかった欲求(期待)を

今満たそうとしているようなものです。



終わってしまった出来事なのに、

執着している人の中では終わっていないのです。




エネルギー的な話をすると、

目に見える見えない関係なく、

存在するものは全てエネルギーです。



エネルギーは循環し続けるものですが、

執着はそれを滞らせるのです。



新しいものを欲しがっているのに手に入らないのは、

過去の終わっていない出来事を

手にいっぱい抱えている状態だからかもしれません。



過去の出来事は完了させる必要があります。



終わったことを忘れなさい、捨てなさい、

そういう意味ではありません。



あるべきところに戻すだけです。





     ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞




あなたが執着しているものは何でしょう?

今、それを手放すときがやってきています。

いつまでも過去の出来事を足枷にして引きずっていては

大きな前進はできません。



何に執着しているか気付いて、完了させ、

抱えていた苦しみを終わらせましょう。





あなたの毎日が輝かしいものでありますように。

読んでくださった皆さんに感謝します。




≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫



スポンサーサイト
セルフセラピーカードからのメッセージ#12
セルフセラピーカードからのメッセージ12枚目です。
「36番:真実の愛」が出ました。


card36





三叉路の真ん中に枝がハート形になっている木があり、
その木の上に男女が寄り添って座っています。


ギフトのカード群で、
私たちが、与えられているけれども忘れがちな
才能や贈り物について教えてくれます。



テキストには次のように説明されています。

「つねに深まり続けるロマンス。
 真実のパートナーシップへの成長の道を開くこと。
 『真実の愛』とはロマンスだけに限らない」


パートナーがいる方はそのパートナーと、
いない方は、既に出会っているもしくはこれから出会おうとしている方との
パートナーシップがより深まっていくことを表しています。

真実の愛は「あるがまま」を受け入れることを教えてくれます。
誰かを批判したり、評価したりではなく、
そのままの自分や相手を受け入れること、認めることから始まります。


パートナーシップとは男女の関係だけでなく、
仕事上のパートナーのことも含みます。


パートナーがいる方が仕事のことについてカードを引いたときに、
「真実の愛」が出たとしたら、
パートナーとの関係が仕事にも影響している可能性があります。

パートナーは自分の鏡です。
自分の隠している状態がパートナーに現れることも多いのです。

仕事に追われて家庭を省みていない方は、
この機会にあなたのパートナーと向き合うことをお勧めします。





     ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞



今何か問題が起きているとしたら、
それは「真実の愛」で解決されます。

愛は差別も評価もしません。
ただ、あるがままにすべての存在を愛します。

「真実の愛」はすでに存在しています。
あなたも愛され、あなたのパートナーも愛される存在なのです。









あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。




≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫

セルフセラピーカードからのメッセージ#11
セルフセラピーカードからのメッセージ11枚目です。
「2番:復讐」が出ました。



card2



寒々しい空の下、
湖の氷の上には青い服を着た女性が立っています。
その足元の氷は今にも割れてしまいそうなくらいにひびが入っています。
岸辺には赤い服の女性が「やめて!」と叫んでいるかのようです。


被害者のカード群に属し、
自分の責任において起こる出来事すらも、
環境や状況、他人のせいで自分は被害を被ったと感じる
被害者意識について教えてくれるカードです。


テキストには次のように説明されています。
「自分自身が“悪である“と思い込んでいることから人を攻撃すること。
 自分を被害者にすることで復讐をとげることが多い」


「復讐」ちょっと怖い言葉ですよね。
そんなことしたことないし、考えたこともない!と感じる人は多いと思います。
私もそうでした。


復讐とは心の奥底に隠れていて、
しかも直接手を下すという類のものではなく、
「あなたが苦しむなら、あえて私を傷つけてみせるわ!」というものなんです。


病気や事故など自分にはどうしようもないように思えることも、
もしかしたら誰かに対する復讐かもしれないのです。

たとえば行きたくないキャンプに無理やり連れていかれて、
キャンプ中に怪我をしたり、
やりたくない仕事を押し付けられて、
結果、その仕事を失敗してしまうとか・・・。


氷の上の女性の叫びとしては
「こんなことになったのは、あなたのせいよ!」でしょうね。


    ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

今、苦しんでいることがあるのなら、
それは誰かに復讐するために
自分を傷つけているのかもしれません。

私は誰に復讐しているのか?
いつまで復讐し続けるのか?

静かに考えてみてください。


復讐はうまくはいきません。
苦しみから解放され、前進することを望むなら、
相手を許し、執着を手放しましょう。






あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。



≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫


セルフセラピーカードからのメッセージ#10
セルフセラピーカードからのメッセージ10枚目です。
「44番:ビジョン」です。


card44




快晴の空の下、岩礁がたくさんある海を、
ハイヤーマインドの導きによって
モーター付きのボートが島を目指して進んでいる絵です。



恩恵のカード群の一枚で、
目に見えない存在からの恩恵を表しています。


テキストには次のように説明されています。

「ひらめきの連続。創造性のおもむくままに任せること。
 自分自身を全面的に与えること。ポジティブな未来が現在を方向付けること」



このカードは私の大好きなカードの1枚でもあります。
絵を見るだけで爽快な気分にしてくれて、
「よし!やるぞ!」と前進するパワーを与えてくれるカードです。



ビジョンという言葉は、
企業などでは将来の展望や構想などについて使われますね。

もちろん、個人でもビジョンはあります。
将来、どうなりたいのか、理想と近い言葉で使われることもあります。


例えばみなさんがどこかへ旅行に行こうとしたとします。
どこに行くかをまずは決めない限り、
旅行って出かけられないと思いませんか?

中には目的地を決めずにぶらり旅を楽しむ人もいるでしょうが、
ほとんどの人は自分が望まないところには行きたがりませんよね。

目的地を決めずに出かけて、
もしかしたら人里離れた山奥で野宿しなくてはならないかもしれませんし、
交通機関がなくて足止めされるかもしれません。

それよりは目的地が明確であれば、
何時にはどこに着いて、何を観て、どこのお店で名物を食べて・・・
という楽しい計画が立てられます。


ビジョンとは人生の目的地のようなものです。
あなたの望むポジティブな未来なのです。
その在りかが明確であれば、
どうやったらたどりつけるかもおのずと答えが出ます。





     ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞

あなたはどこへ行きたいですか?
今、うまくいかないことはビジョンが解決してくれます。
迷わずあなたのビジョンへと向かってください。





あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。




≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫




セルフセラピーカードからのメッセージ#9
セルフセラピーカードからのメッセージ9枚目は
「10番:ハートブレイク」です。


card10




暗い雲が立ち込める空の下、
男性と女性がハートを取り合い、
ハートが真っ二つに割れてしまった瞬間が描かれています。


人間関係のカード群で、
人間関係で陥りやすいワナについて教えてくれます。


テキストにはこのように説明されています。
「拒絶(受け入れようとしない)、かんしゃく、感情的な脅迫」

「ハートブレイク = 傷心、失恋」なのになぜ、
拒絶やかんしゃくや脅迫という言葉が出てくるのでしょう?


私たちは自分の心が傷つけられた!と感じるときは、
大抵、誰かに対して「何かをして欲しい」という期待があります。

その期待が裏切られるから、落胆し、かんしゃくを起すわけですが、
根本には「相手は自分の思った通りのことをしてくれないものだ」という現実を
受け入れず、拒絶しているから傷つくのです。


チャック・スペザーノ博士の著作に
「傷つくならば、それは愛ではない」という本があります。

かなりショッキングなタイトルですが、
そこにハートブレイクの本質が描かれています。





真実の愛からの行動であれば、
どんな状況であれ傷つくことはないのです。
傷つくということは、愛ではなく欲求なのです。




   ∞ これをご覧になった皆さんへ ∞


最近、傷ついたことは何でしょう?
今、気になることはありますか?

なかなかパートナーと長続きしないのは、
相手が自分の思い通りにならないという現実を拒絶しているからです。

拒絶していることを認め、現実を受け入れ、許すことで、
あなたはハートブレイクから自由になれます。

今すぐ自由を選択しましょう。






あなたの毎日が輝かしいものでありますように。
読んでくださった皆さんに感謝します。







≪セルフセラピーカード・マスター講座:基礎コース受講生募集中≫



Copyright © ライフナビゲーターのロハス&コミュニケーションブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。